初恋の嵐とセカイイチ

ども。
岩崎です。


今月の22日、大阪クラブクアトロで行われるイベント

初恋の嵐復活ライブのゲストボーカル、そして対バン相手として

ステージを飾らせてもらいます。

詳しくはコチラ



今回はセカイイチと初恋の嵐について、僕がずっと忘れられないお話をしたいと思います。

初めて僕らが出会ったのは約9年前のこと。2002年2月。

僕は当時19歳で、セカイイチをバンドとして3ピースで始めたばかりの頃でした。

ひょんなことから名古屋のクアトロでライブしませんか?

というお誘いを受け、二つ返事で『やります』と返答し、

対バン相手はどなたですか?と訪ねたところ、、、

スクービードゥ、オオサカモノレール、初恋の嵐 です

という今考えたら猛烈にホットなイベントだったのですが

そこに名古屋出身でもない僕らが何故かオープニングアクトとして起用されました。

とてもありがたいお話だと言うことで

張り切ってライブをさせてもらいました。

当時の僕らにすれば、まぁ頑張ったアクトだったと思います。笑

しかしその後の先輩方による凄まじいライブにすっかりその存在感を失いかけていた僕に

初恋の嵐のVo.西山くんがとことこやって来て

『とてもよかったです。CDないんですか?』

と話しかけて来てくれました。

『バンド初めて半年くらいなのでまだないんです。』と僕。

『そうなんですか。ライブすごくよかった。』 談笑と握手をしてその場は終わったのですが、

その時はただ嬉しい、と思っただけでした。

そしてイベントが終わり、今も仲良くさせてもらってる初恋のベースの隅くんや、スクービーの松木さん、

当時初恋の嵐を担当していた(5年後セカイイチの担当となる)渡邊さんたちと談笑し、

僕らは別れました。

それから一ヶ月ほど経ったある日、

初恋の嵐のVo.西山くんの訃報を知りました。

悲しみをすっ飛ばして、とても悔しかったのを憶えています。

ライブでやっていた曲もそうだけど

後からCDを聴いて、『この人スゴイ』

と思わされたまま、彼は遠くにいってしまった。

9年経った今もその気持ちはずっと変わらない。

そんな彼の曲を、初恋の嵐の演奏で歌えるなんて夢にも思っていなかった。

僕にとっても、初恋のファンにとっても

特別な一日になれるよう、忘れられない一日になれるよう微力ながらがんばります。


西山くん、本当にありがとう。



みなさん、22日に会いましょう、楽しみにしててください。

[PR]

by black-bird-fly | 2011-09-15 12:01 | LIVE