夢をみた

ども。
岩崎です。

見た夢をちらりとかいてみる。

夢を見た。

僕は、男友達と二人で遠いどこかの島へ旅行にいくことになった。

その場所についた時、僕らはびっくりした。

島の半分以上が、大きな柵に覆われていてまったく入れないのだ。

しかも人っこ一人いない。

それでも僕らは、冒険心からかその柵の一部を破壊し、

奥へ奥へと進んで行くのであった。

僕らは何故か灰皿と、飲み物を探すという意外にも余裕たっぷりの行動をしていて

探し歩いて行くうちに、僕の妹に出会った。

なんでここにいるのか、なんて野暮な質問はしないまま、灰皿を見つけるため

僕らは一緒にさらに奥へと進んだ。


すると向こうの方から人間の声がした。

僕らは思わず隠れた。

人間の声は、どうやら集団で男女ペアになってこちらへやってきていた。

僕は怖くなり、もっと隠れようとみんなを急かした。

だけど、一組の少年少女のペアに見つかって

『どうして男の子と女の子が手をつないでないの?』

と、もの凄い形相で言われた。

僕はとっさに妹の手をつないで見せたけど、

『妹とかじゃだめなんだぞ!』

と、、目をひんむかせながら彼らは恐喝してきた。

僕はその子の目を見ているうちに、だんだん憎しみが湧いてきて

力一杯その子をぶん殴ってやった。

すると、その子は僕を標的に向かってきた。

僕は友達に、『妹と元来た場所までにげるんだ』と言い放ち、

何故か友達とは反対方向に逃げた。

どこかに女の子がいるかもしれない。事情を説明して手をつないでもらおう。

すると女の子集団に出くわした。よかった、これで帰れる、と思ったのも束の間

『どうしてお友達と手をつないでいないの?』

彼女はすさまじい形相で問いかけてくる。

僕は『こいつも、そうなのか』と思い、その場所から逃げた。

彼女たちは追いかけてくる。さっきの少年たちも一緒になって追いかけてくる。

僕は妹と友達のいるところへ、ひた駈けた。

あの柵の向こう側へ行かなきゃ、と只考えていた。









とまぁこんな夢を見たのだが、よく考えると...

女の子たちと出くわした時に、『事情を説明して手をつないでもらおう』

それって、ただのナンパですね。(笑)

結局この夢の最後は妹たちと無事に会えて、一安心するというもの。

でも、起きたときに、これはなんか怖い夢やったな〜と感じまくって、

文章にしてみようと思い立ったのだ。

後で、夢占いしてみようっと。

[PR]

by black-bird-fly | 2011-10-13 10:19 | 日々のたわごと